NICU 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? NICU 看護師の記事一覧

NICUの看護師は転職しにくいって本当?

NICUは、とても高度な技術や精神力が必要とされる職場です。しかし、その仕事の特殊性から、次の職場に転職するときに転職しにくいと言われることがあります。

NICU看護師が転職しにくいと言われるのはなぜなのでしょうか?また、NICU看護師が転職しやすい診療科・業態とはどこなのでしょうか???

NICU 看護師が転職しにくいと言われるのはなぜ?

NICUは、生まれたばかりの新生児が入院する急性期病棟です。看護師としても、強い精神力や、高度な看護技術を必要とされる、難しい職場であることは間違いありません。

しかし、同時に、NICUの看護師は非常に特殊な業務をしています。具体的に例を挙げると、NICUの看護師は以下ような仕事の経験がありません。(NICUでしか看護師経験がない場合です。)

成人看護の経験

NICUの看護師がケアする対象は、ほとんどが生後すぐ~1年以内の赤ちゃん達です。稀に、入院してから1歳を超えても退院せずに入院している赤ちゃんもいますが、それでも対象は乳幼児までです。

成人看護に関しては、新人同様、未経験であると言えます。

点滴や注射、採血の経験

NICUでは、対象が小さな赤ちゃんであるため、採血や点滴のためのライン確保は、基本的に医師が行います。

注射も点滴のラインから入れることがほとんどですので、成人の病棟のような皮内・皮下・静脈注射を行うことは通常はありません。

そのため、看護師の業務として他科では一般的な点滴・採血・注射に関しては経験を積むことができません

NICU 看護師が転職しにくい診療科・業態は?

NICUの看護師が転職しにくい診療科・業態は、NICUとは真逆の職場であると言えます。

つまりは、成人の慢性期病棟です。

希望する転職先が、大学病院や、中規模病院でも教育体制が整った病院であれば、NICUしか看護経験がない看護師でも、第2新卒として採用をしてくれることもあります。

しかし、教育体制があまりない小規模病院や、クリニックなど、成人看護の即戦力を必要とされる診療科では、なかなか採用されにくいと言えます。

小規模病院だけでなく、医療職が1人~数名しか配置されない老人保健施設や老人ホームも、同様に成人ケアの看護経験がないと採用は難しい職場です。

また、「転職しやすいのでは?」と思われやすい小児科外来や小児科クリニックも、実はNICUの看護師が転職しやすい職場とは言えません。

赤ちゃんの看護経験は豊富なのにどうして?と意外に思われるかもしれません。

理由は、小児科外来や小児科クリニックでは、大人と比べて難しいとされる子供の採血・点滴が必須業務となるためです。

更に、病棟のように複数の看護師がいるわけではなく、限られた人数の看護師しかいないため、即戦力として一人で医療処置が行えるナースしか雇用できません。

NICUの病棟看護しか経験していない場合、このような小児科外来や小児科クリニックへの転職は狭き門と言えます。

NICU 看護師が転職しやすいのはどんな診療科・業態?

NICUの看護師が転職しやすいのは、新生児~乳児に関する看護知識が必要とされる職場です。

病棟看護ならば、小児科が当てはまります。

また、求人数は少ないですが、婦人科病院の看護師として働く場合も、婦人科内の新生児室での即戦力として、優先して採用をしてもらえることがあります。

病棟以外ですと、保育園の看護師として優先的に採用される場合が多くあります。

保育園では、早いところで生後2ヶ月から乳児を預かり、保育しています。

小さな赤ちゃんは体調を崩しやすく、0歳児が多い保育園の場合は、看護師を1名配置し、保育に関わりながら子供たちの健康管理や病気・怪我が発生した時の初期対応をする必要があります。

保育園では病棟看護と比べて雰囲気ものんびりしていますし、病児がいない場合は、保育士さんと一緒に0歳児保育に携わることも多いため、病院での看護業務とはだいぶ役割が異なります。

しかし、日勤のみであることや、妊娠・出産・育児の経験が活かせることなどから、特に出産・育児でブランクがある元NICU看護師の方でも勤めやすい職場であると言えます。

いかがでしたでしょうか。

NICUの看護師しか経験していない場合、小規模の病院やクリニック・老人保健施設への転職は難しいことがお分かり頂けたと思います。

しかし、ある程度の規模と教育体制のある病院であれば、NICUの看護師として培われた観察力や高い技術力、コミュニケーション能力などは、今後の戦力として充分期待されるため、転職はもちろん可能です。

また、子どもが好きで、いずれ自分が子育てをするようになったら、夜勤がなく落ち着いた環境で働ける保育園ナースを目指してもいいな・・・と思っている方にとっては、経験を積める職場であると言えます。

そんなNICUの看護師に大変だとしても、なってみたいと思ったのなら、当サイトランキングの、NICUの求人に強い転職サイトへ登録してみてください。

NICUへの配属確約の交渉もコンサルタントがやってくれますので、転職後に希望したNICU以外の科に配属されるリスクを避けることができます。

NICU 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? NICU 看護師の記事一覧

転職サイトランキングを見る