NICU 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? NICU 看護師の記事一覧

NICU看護師には助産師じゃないとなれないの?

NICUは、生まれたばかりの新生児をケアする専門の診療科です。

赤ちゃんのケアのスペシャリストと言えば、「助産師」をイメージされる方も多いでしょう。事実、助産師は、赤ちゃんと妊婦・産婦のケアのスペシャリストです。

それなら、助産師がNICUで働いた方がいいんじゃないか?と思われがちですが、実際はどうなのでしょうか?

NICUで働きたいけれど、助産師資格を持っていないから無理かも・・・と思っている看護師さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

NICUの看護師と助産師の割合はいかに?

実際のところ、NICUで働いているのは、ほとんどが看護師です

もちろん、助産師がNICUで働いていることもありますが、看護師と比べるとかなり少数派です。

現在、看護師免許しか持っていないため、NICUへの異動希望や転職希望を出すのを迷っている方がいらっしゃるならば、その点は全く気にしなくて良いでしょう。

NICUは看護師より助産師が少ないわけとは?

最大の理由は、助産師にしか出来ないケアが少ないことです。

NICUでは、赤ちゃんのケアが中心で、母親のメンタル面でのフォローはあっても、産後の体のケアは産科病棟の助産師が中心となって行います。

そのため、助産師であれば、通常は新卒で産科病棟に配属され、そのまま産科で妊産婦のケアを専門的に行っていくことになります。

NICUでは、妊娠・出産に関する知識や経験を活かす場面が産科程多くないため、赤ちゃんのケアを更に深く学びたい!という希望のある助産師以外は配属されることはほとんどありません。

NICUの看護師には助産師の領域の知識は必要?

NICUでケアをするのは、新生児です。

もちろん助産師は新生児についての知識にも長けていますが、あくまで中心は妊婦・産婦のケアになるので、看護師であっても一から新生児について学べば十分に仕事をすることができます

出産後の母親のケアについても、産後の体のことや、授乳に関することは、助産師が中心となってケアを行うため、NICU看護師はあくまで母親の心のケアや、赤ちゃんと母親の関係作りを専門的に行うことになります。

もちろん、新生児については他の科では勉強しないため、異動や転職後は、かなりの勉強が必要となります

NICUは、産科とも小児科とも異なる、特殊な領域です。そのため、産科経験があっても小児科経験があっても、ほとんどゼロからのスタートと思って良いでしょう。

しかし、看護師としてのスタートラインは皆同じなので、やる気があれば気後れする必要は全くありません

NICU 看護師に助産師がチャレンジするなら?

NICUに助産師よりも看護師が多い理由を書いてきましたが、もちろん、助産師がNICUへの異動や転職を希望することは可能です。

しかし、その際には2点考慮しなければいけません。

1つ目は、当たり前ですが、NICUで働いている間は、お産に全く立ち会えないということです。

病棟で働く方ならご存知だと思いますが、医学は日々進歩しています。

数年分娩介助から離れたことで、また産科に戻った際には、医療機器やケアの手順などをまた改めて勉強しなおさなければならないこともあります。

2つ目は、産科病棟で人手不足になった時、NICUから産科へ異動の可能性があるということです。

お産を介助する「助産」は、助産師にしかできません。

そして、助産師はどこの病院でも不足している傾向にあり、今働いている助産師が産休に入ったり退職して欠員になると、NICUで働く助産師が産科へ回されることは珍しくありません。

病院も1つの組織ですから、人不足のまま産科を運営していくわけにいかないので、必然的に既に働いている助産師に白羽の矢が立つことになってしまいます。

NICUへ異動・転職を希望する助産師は、上記のようなことを頭に入れておく必要があります。

いかがでしたでしょうか?

看護師資格しか持っていなくても、これからNICU看護師にチャレンジすることに何の問題もないことがお分かり頂けたでしょうか。

勤務先の病院にNICUがない場合でも、転職することで、NICU看護師への道は開けます。

当サイトでランクインしているNICUの転職に強い看護師転職サイトであれば、求人がほとんど出ないNICUへの転職もかなえられる可能性が高まります。

NICU 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? NICU 看護師の記事一覧

転職サイトランキングを見る