NICU 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? NICU 看護師の記事一覧

NICU 看護師には男性はなれないって本当?

NICUの看護師というと、赤ちゃんや母親に接する仕事なので、女性しかなれないというイメージがありませんか?

しかし、男性看護師が増えつつある今、新生児の急性期ケアに携わりたいと考える男性看護師も増えてきているのではないでしょうか。

男性看護師だけれどNICUで働きたい!と思っている方へ、NICU男性看護師の現状についてお伝えしたいと思います。

NICU 看護師には男性はなれないの?

NICU看護師は、他の科同様、男性でもなることができます

NICUの看護師と混同されやすいのが助産師ですが、助産師=NICU看護師ではありません。助産師は、内診をしたり出産そのものに立ち会うため、現在の日本では女性にしかなることができません。

しかし、NICUの看護師は、母親のケアというよりも赤ちゃんのケアが業務の中心です。

出産に立ち会うことはあっても、分娩室で待機し、生まれた赤ちゃんのケアを開始する業務に限られます。そのため、男性でも十分に看護の仕事を行うことが出来ます。

NICU 看護師が男性だと難しい業務ってあるの?

それでは、NICUの看護業務の全てを男性看護師が行うことができるのでしょうか?

赤ちゃんに関する分野では、男性看護師ができない業務はありません。

唯一、出産した母親がカンガルーケア(裸の胸に赤ちゃんを抱く)や授乳をする際は、母親の心理的な抵抗感にも配慮し、女性看護師に立ち会ってもらったり、一部業務を交代してもらう必要が出てくる可能性があります。

NICU 看護師は男性には不向き?

実際のところ、NICUで働く男性看護師はさほど多くはないのが現状です。

理由としては、母親と赤ちゃんに関わる領域なので、女性看護師に非常に人気のある領域であることが第一に挙げられます。

更に、男性看護師に期待されるのが「体力が必要」な職場です。

NICUは対象が小さな赤ちゃんなので、体力という意味では、他の科に比べて必要のない職場です。そのため、貴重な男性看護師は、救急外来や手術室・精神看護の分野に配属されることが多いです。

NICU 看護師を男性が目指すにあたって期待されていることとは?

今は少数派のNICU男性看護師ですが、男性だからこそ期待される分野があります。

それは、「父親へのケア」です。

NICUに限らず、看護師はまだ女性が多数を占める職場なので、NICUに夫婦で面会に来ても、その場が女性だらけ・・・ということは珍しくありません。

そのため、面会に来た父親が気後れしてしまったり、抱え込んだ悩みを看護師に伝えにくいということもあります。

そんな時、同じ男性の看護師が対応してくれることで、父親が育児へ参加しやすくなることが考えられます。特に子育て経験のある男性看護師であれば、父親として具体的なアドバイスも期待できるでしょう。

また、赤ちゃんにとっても、男性看護師がいることがプラスになる可能性があります。

退院して家庭に帰れば、父親・母親の両方にお世話をしてもらうであろう赤ちゃん。

入院中から男性看護師に抱っこや沐浴をしてもらうことで、赤ちゃんも男性に慣れることができ、父親の育児参加がスムーズになることが期待できます。

私がNICUの看護師として働いていた時は、残念ながら男性看護師はいませんでした。

赤ちゃんのケアをする小児科医は男性が多かったので、男性看護師がいても、特に違和感はなかったように思います。

それだけでなく、面会に来る父親の心理的な負担や悩みについては、女性の立場からは想像しにくいものがあります。男性だからこそわかる父親の目線からのケアは、NICUの現場できっと役立つと思います。

NICUの看護師の仕事内容は、男性看護師の力も生かせる職場であることがおわかりいただけたでしょうか。

そんなNICUの看護師を希望されるならば、当サイトランキングの、NICUの求人に強い転職サイトへ登録してみてください。

NICUへの配属確約の交渉もコンサルタントがやってくれますので、転職後に希望したNICU以外の科に配属されるリスクを避けることができます。

NICU 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? NICU 看護師の記事一覧

転職サイトランキングを見る